1. ホーム
  2. 自宅で稼ぐ豆知識
  3. ≫ 男の子を産み分ける際にはアルカリ性をキープすることが鍵になる

男の子を産み分ける際にはアルカリ性をキープすることが鍵になる

精子は通常X精子とY精子の2種類のタイプが存在しどちらを受精するかで赤ちゃんの性別が決定しますが、男の子を産むにはY精子を受精する必要があります。

着床し受精卵になった時に既に性別は決まっており、男の子を産む分けるには卵子とY精子が結び付ける必要があるのです。

 

ではどのようにしてY精子を結び付けていくのかというと色々と方法があります。まず第一にY精子の特徴としてアルカリ性に強く酸性に弱いという体質があるのです。つまり女性の体内でアルカリ性をキープできれば男の子を産み分ける可能性が高まるということです。

 

具体的に女性の体内でアルカリ性をキープするコツとして性行為は排卵日直前の時機に行うことが挙げられます。排卵日当日付近は子宮入り口の頸管から分泌される頸管粘液がアルカリ性となっているため、膣内の酸性部分が緩和されることになります。これによりアルカリ性が優位になりY精子が受精しやすい環境を作ることができるのです。

 

ただ元々の体質が酸性が強くアルカリ性が弱いという方も少なくありません。オーガズムによってアルカリ性の子宮頚管粘液が多く分泌されるのですが、元々オーガニズムを感じにくいという方や感じても分泌されないという方もいます。

 

そのような方は産み分けゼリーを利用してアルカリ性をコントロールすることにより産み分ける確率を高めることが可能です。ただ産み分けゼリーの使用方法は製造元によって違いますので用法を守って利用するようにしましょう。

 

このようにアルカリ性をキープすることによってY精子を受精する可能性を高めて男の子を産み分ける確率を上げることができるのです。